「連合艦隊司令長官 山本五十六」

画像


世界地図を見た時に日本とアメリカのサイズの違いを見ればどう考えてもどちらが勝つのか分かりそうだし、どうみても日本がアメリカに勝つはずがないと思う太平洋戦争になぜ突き進んでしまったのかの疑問に答えるよく出来た映画だったように思いました。
この映画を見ていると戦争に突き進む時とはこういう時なのかが非常によく描かれていました。

戦闘シーンは抑えめでしたが、最近の派手なアメリカ映画のような臨場感溢れる戦闘シーンでもなく、航空母艦が被弾する時、戦闘機が墜落する時とは実際にはあっけなく、一瞬で決まってしまうものなのかもしれないと思わせるシーンでした。

戦艦大和の進撃シーンはなかなかでした。長門が温かく見え、大和がなぜか血の通わない冷酷な船に見えたのも不思議です。ちょうど「さらば宇宙戦艦ヤマト」に登場するアンドロメダのイメージがこの映画で登場した戦艦大和とダブりました。長門が宇宙戦艦ヤマトのヤマトのイメージでした。

南雲中将の描き方もやはりここでも悪役なのか、と思って見ていましたが、お茶づけを啜るシーンで、涙を流す南雲中将を見てなにかホッとした気分でした。

いろいろと考えさせられるいい映画です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック